よくある


メールを送信する前に注意することは?


あなたの送るメールが正確に相手に届くよう、次の事柄に注意してください。
不用意なメールを作成して送ると、エラーメール、またはメール受信側での文字化け等の原因になります。


送信先のメールアドレスについて
 ・宛先、CcまたはBccの欄が正しく入力されているかどうか。
 ・ピリオド「.」をカンマ「,」と間違って入力していないか。
 ・半角英数で入力されているか。
 ・メールアドレス中に < > ! ? などの記号が混じってないか。


本文について
 ・本文では、半角カタカナは使用しない。
 ・本文中の文字フォントを変更したり装飾したりしない。
 ・キーボードから入力できる記号以外の特殊な記号は使用しない。


添付ファイルについて
 ・“アイウエオ”などのカナ、漢字を含んだフォルダ名やファイル名を持つ ファイルを添付ファイルとして指定しない。(推奨)
 ・添付するファイルのサイズは3M以内を目安にしてください。


エラーメールは、学内外および世界中のネットワーク管理者や計算機群をトラブルに巻き込みながら、
通信回線の交通渋滞を引き起こし、インターネットの多くの利用者に迷惑を掛けます。

メールを送信する前に、もう一度各項目が正しく入力されているかどうか確認しましょう!


戻る